News

1 Oct 2016
10月  英国日本婦人会60周年記念祝賀会

1956年10月にYWCA で最初の婦人会の集まりが開かれてから60年。この度は10月11日にめでたく60周年記念祝賀会がESU (English Speaking Union) に於いて開かれることとなりました。

 

この日を迎えるにあたり数年前にプロジェクト60小委員会が作られ、準備を進めてまいりました。この小委員会の最初の成果は、2014年秋に時代を反映するホームページの作成が既に完成したことです。このサイトは広く一般の方々にも婦人会の歴史や時節ごとの英国の情報を提供しており、運営委員が交代で管理をしております。

 

ニュースレターもメンバーズページでご覧いただけるようになり、郵送の手間や郵便代もかからなくなりました。婦人会の運営は常にボランティアだけに頼ってきていますが、このようにその時代のニーズに合わせて柔軟に対応をしてきたことが、60年間の様々な変化を乗り越えて今もなお活発に活動を続けている秘訣でしょう。

 

60周年記念祝賀会では創立者のお一人渡辺華子様のお嬢様、渡辺英美様の基調講演、ロイヤル・アカデミー在籍の若い演奏家たちによる弦楽四重奏コンサート、その後に立食パーテーを計画しております。この機会には教育振興チャリティーである婦人会の活動目的の一端として、日英の高校生の交換科学ワークショップを毎年主催しているクリフトン財団にささやかながらご寄付を贈る予定です。婦人会が末永く発展して行くためには、今後も世界で起こる災害救援にご寄付をすることだけではなく、私達自身が多くを学ぶことを心がけて、次世代を担う若い人材も応援し、前向きに活動していきたいと思います。

 

第二次大戦後のまだ対日感情の良くない英国で、初代会長の駐英日本大使夫人、西 富貴子様は女性の力で日英友好に役立ちたいとの強い信念を持って数人の有志とこの会を立ち上げられました。その後日本経済の発展に伴い、在英邦人の数は飛躍的に増加して、日本に対する理解も深まり、私たちは大変快適な英国生活を楽しめるようになりましたが、初期の目的意識を忘れることなく、これからも英国について学び、日英友好にも貢献していきたいと思います。

 

ロンドンでの祝賀会の後には、10月19日に東京でもご帰国になられた元会員の方々によって、お祝いの会が開かれることになっております。随分前にご帰国になられた方々が、今でもロンドンでの生活を懐かしく想い出されて、この機会にお集まりくださるのは、婦人会を通して築かれた友情がいつまでも保たれている証で、本当に素晴らしいことと感じます。これからも婦人会が日本人女性同士の親睦を深め、各々の人生を豊かにする会として発展して行くよう祈っております。

 

 

                                                        

 

                1956年に婦人会の最初の会合が開かれたYWCA の建物。 英国の著名な建築家、

      Sir Edwin Lutyens のデザインで、現在はThe Bloomsbury というホテルになっています。