31 Jul 2017
9月例会 忍者ってナンジャ!?

今年度の9月の例会は三重大学の日本古代史、中世信仰史の教授で日本の忍者研究の第一人者 でおられる山田雄司先生(日本古代・中世信仰史)をお迎えします。現在世界中で人気を博している忍者には、それぞれの場所でそれぞれの年代の方が異なるイメージをお持ちだと思いますが、実際の所は良くわからないというのが本音ではないでしょうか。忍者は戦国時代からいた秘密諜報員、いわばMI6のジェームズ・ボンドのような存在で、日本の歴史の裏の主役であったと言っても過言ではないそうです。忍者の知られざる生活実態、忍術等について歴史を振り返りながら山田先生に解説していただきます。普段と思考を変えた夏休み最後の日曜日を使っての講演です。ご家族、ゲストをお誘いの上ご参加くださいませ。お子様(学齢以上17歳までの方)も歓迎いたします。

講師紹介:山田雄司(やまだ・ゆうじ)三重大学教授

 

            

                              忍者姿の山田教授

 

1967年静岡県生まれ。京都大学文学部卒業。筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科史学専攻修了。博士(学術)。専門は日本古代・中世信仰史。著書に『跋扈する怨霊』(吉川弘文館)、『怨霊とは何か』(中央公論社)、『忍者の歴史』(KADOKAWA)などがある。

 

~9月例会スケジュール~

日時:9月3日(日)

受付開始  :14:30

講演    :15:00-16:15

茶話会   :16:15-17:00

終了予定  :17:00

場所  :セント・ジェームズ・ピカデリー教会 http://www.sjp.org.uk/

197 Piccadilly London W1J 9LL 

(地下鉄のピカデリーサーカス駅から歩いて3分)

   地下のコンフェレンス・ルーム

(教会正面入り口から入り左側の聖堂に入ってまっすぐ進み、左前方のドアから聖堂を出て階下に降りる。廊下の突き当たりの部屋が会場のコンフェレンス・ルーム)

 

参加費:会員 £5 (会員のお子様 £5)

 ゲスト£10 (ゲストのお子様 £10)

定員  :60名

申込期間:2017年8月5日‐8月20日

申込み方法:メンバーズページをご覧ください。

 

担当者:橋本清美、内田美穂